「む」の境地

旅と音楽とまぜそばと

【長浜ラーメン】"元祖"の大渋滞!屋台街の現実とともにハリガネをすする。(2019.8.25)

先日、福岡へ行ってきました。

博多でラーメンといえばこの光景。

f:id:musan_tr_gh:20190908185126j:image

そう、中洲の屋台ですね。

博多の定番中の定番。観光客であれば、ここを外す人はいないのではないでしょうか。

 

普段はB級スポットへと足を運ぶ自分も、さすがに初めて過ごす博多の夜は中洲で過ごしました。

f:id:musan_tr_gh:20190908185237j:image

f:id:musan_tr_gh:20190908185303j:image

(ちなみに千年夜市は10/27(日)まで開催中です)

 

ですが、そういえば、ずっと気になっていることがありました。

 

「長浜ってどこだ?」

九州の外ではラーメンと同義のように語られる長浜ラーメンですが、肝心な長浜の場所も、そもそもの博多ラーメンとの違いも正直よくわかりません。

 

というわけで翌日、実際に足を運んでみることにしました。

ネットで検索しても屋台の場所が今一つ分からなかったので、「元祖長浜屋」を頼りに向かいます。

 

f:id:musan_tr_gh:20190908182154p:plain

赤丸のあたり。最寄り駅は地下鉄の赤坂駅となりますが、ちょっと歩きます。

 

大体このあたりが長浜のようです。

なんでも、北側にある漁港で働く人々が好んで食べるのがもともとの長浜ラーメンとのこと。

 

というわけで長浜に着いたわけですが、この地も再開発がかなり進んでいるようでイメージしている屋台街とは結構違う趣です。

今回訪れた「元祖長浜屋」を含め、大半の店舗が常設店に移行しています。

 

f:id:musan_tr_gh:20190908185403j:image
f:id:musan_tr_gh:20190908185429j:image
f:id:musan_tr_gh:20190908185448j:image

まあまあ、四の五の言わずに食べましょうね。

ちなみに自分は麺の硬さに変なこだわりがあり、店の広さ、厨房からテーブルまでの距離感などを考えて注文する麺の硬さを考えています(気休めですが笑)。

この日はハリガネ、替え玉をバリカタで注文。


f:id:musan_tr_gh:20190908185511j:image

 

上に載っている肉が美味い。ちなみに替え肉ができるラーメン屋は初めて見ました。


f:id:musan_tr_gh:20190908185532j:image

「やれるところまで時間延長」いい味出してますね。

 

さて、写真を撮り忘れてしまったのですが、「当店は『家』とは違います」的なニュアンスの張り紙を見ました。後々調べて知ったのですが、分裂というか独立云々で色々あるんですね。。おいしくラーメンを食べているだけではなかなか気づかないものです。

 

news.yahoo.co.jp

どうもこの記事を読んでいると、先ほどの「~25:45頃、やれるところまで延長」というのも、ただならぬ理由がありそうでついつい勘ぐってしまいます。

 

今回はお昼の訪問だったので、残りわずかな屋台街と出会うことはできませんでしたが、1杯のラーメン以上にお腹いっぱいになれる、ラーメンのふるさと訪問となりました。

 

(訪問日:2019年8月25日(日))