「む」の境地

旅と音楽とまぜそばと

【南葛SC】葛飾からJリーグを目指すクラブを初観戦!(2019.6.23)

今回もふらっとサッカー観戦シリーズです。

 

これまで東京武蔵野シティFC(JFL)、ブリオベッカ浦安(関東1部)の観戦レポートをこのブログで書いてきましたが、

musan-tr-gh.hatenablog.com

musan-tr-gh.hatenablog.com

第3弾は南葛SCです。

f:id:musan_tr_gh:20190703195141j:image

南葛SCが所属するのは東京都社会人リーグ1部。J1から数えて7部リーグに相当します。

 

ですがこのチーム、結構なタレント軍団なんです。まず監督は元日本代表の福西崇史氏。プレーヤーでも元鹿島アントラーズの青木剛選手など元Jリーガーが数名所属しています。そして後援会会長があの高橋陽一先生なのだからびっくり。さすがはキャプテン翼のお膝元です。

 

で、そんなタレント軍団とはいえ実態は7部リーグです。試合会場は水元総合スポーツ公園。人工芝のグラウンドはなかなかきれいですが、観客席はありません。ということで、ベンチがちょっと置かれています。

f:id:musan_tr_gh:20190703194843j:image

観客は100~200人くらいといったところでしょうか。朝10:30キックオフ、しかも雨予報という中ではかなり観客が入っている方ですね。

 

南葛SCのユニホームを着たサポーターもちらほらいますが、応援はキックオフ直前とハーフタイムだけ。あとはじっくり観戦のスタイルなので場内はとても静か。選手の声が響いて緊張感が漂います。


f:id:musan_tr_gh:20190705203103j:image

グラウンド外からの観戦になるので視界はこんな感じ。ネット越しなので少し見にくいですがこれもご愛嬌。

ちなみに、南葛SCのホームゲームは葛飾区南部の奥戸総合スポーツセンターの陸上競技場で行われることが多く、こちらの方が試合は見やすい(はず)です。そのうち奥戸での観戦レポートもお届けしたいですね。

f:id:musan_tr_gh:20190705203807j:image

試合は引き分けで終了。ご覧のどんより空でしたが、何とか天気は持ちました。

 

ちなみに、キックオフ時間については先ほども触れましたが結構興味深いのでもう少しご紹介。

 

基本的には東京都1部リーグは日曜日の開催で、夏場は夜の試合が基本となります(ただし8月は公式戦お休み)。ですが時々、今回のような朝開催の試合があり、中断明け初戦(9/1(日) vsアローレ八王子)はなんと朝9:40キックオフ。中学校の部活みたいな試合時間ですね。

安定したホームグラウンドを持つJクラブとは違い試合会場の都合にも左右されるのだと思いますし、日程決定の過程を考えるとと色々苦労があるのだろうと想像できます。

 

Jリーグ入りまでは長い長い道のりですが、いつかJクラブとしての南葛SCを見られることを楽しみにしています。

 

(観戦日:2019年6月23日(日) 東京都1部リーグ第8節 vs 東京蹴球団)