「む」の境地

旅と音楽とまぜそばと

※閉店※【電脳九龍城】川崎のクセが強いゲーセンに行ってきた(2019.6.1)

(追記)こちらの「ウェアハウス川崎」ですが、残念ながら2019年11月17日をもって閉店となってしまいました。

 

川崎に怪しいゲーセンがあるとのことで連れていってもらいました。

 

その名は「あなたのウェアハウス」というらしいのですが、電脳九龍城砦という呼び名の方で通ってるようです。

 

ちなみに九龍城とは、かつて香港にあったスラム街のこと。

川崎×スラム街‥ワクワクする組み合わせですね。

 

川崎駅から10分ほど歩くでしょうか。京急線の線路脇を鶴見方面に歩きます。すると、突如見るからに怪しい建物が現れます。


f:id:musan_tr_gh:20190602215756j:image


f:id:musan_tr_gh:20190602220015j:image

入り口とビルの外観。

今回は一緒にいた方がこういう所が好きな方だったのですんなり入りましたが、このドアを見てそもそも営業してるのかを疑いますよね。

てかビルの壁面にある一日五食って何だよ。デブじゃん。

 

入り口をくぐった途端にお化け屋敷のような仕掛けがあり、金も払ってないのに急に驚かされたことに若干イラッとします。笑

 

まあまあそれはちょっと冗談ですけど、とにかく入った途端からクセの強すぎる世界が広がります。


f:id:musan_tr_gh:20190602220612j:image


f:id:musan_tr_gh:20190602220634j:image

正直1階のフロアは怪しい空間以外の情報がなさすぎて初見ではかなり戸惑います。とりあえず入り口にリアル脱出ゲームの宣伝があったので勝手にゲームに参加させられたのか‥とは思ってないですけど(もちろん勝手に参加させられるわけないからね)

 

性病科?みたいな怪しさムンムンの張り紙に囲まれたエスカレーターを上り、2階へ。


f:id:musan_tr_gh:20190602221101j:image

えっと、今度は場末の食肉市場みたいな設定でしょうか。完全にカオスです。


f:id:musan_tr_gh:20190602221206j:image

鳥の丸焼き的なサムシングのお出迎えです。

レプリカです。多分。きっと、ね。

 

一応ここで再確認なんですが、ゲーセンです。ここ。

鶏肉の手前はレトロゲームコーナーみたいになってて、ちょっと古めのゲームが楽しめるっぽいです。

 

で、後ろを振り返ってやっと、いわゆるゲーセンの風景が広がります。


f:id:musan_tr_gh:20190602221457j:image

手前でダンスダンスレボリューションやってる人、この建物の内装とかには興味あるのか?見てるのか?とか想像すると結構面白いです。

ちなみに奥はクレーンゲームコーナー。ここまでの怪しさから一転、急に優しい世界が広がってきます。

 

ここから3階、4階と上がっていきますとどういうわけかどんどん平和になってきます。


f:id:musan_tr_gh:20190602221811j:image

これが3階です。割と普通のゲーセンだと思います。

まあよくよく考えれば普通とは言ったものの光の色使いとかちょっとイヤラシイし、2階までの間に感覚が麻痺しちゃうのかもしれません。

 

ちなみに4階はビリヤードとダーツとか。

 

同行者さんいわく「ああいう外装なら普通パチ屋かラブホでしょ」とのことですがまあ確かに。

あの見た目だけど賭博もエロもない、というのがあの怪しい外装を見逃してもらってる(?)要因だったりしてね。

 

ちなみに個人的には最後店を出るところが結構ツボです。

"一度入ったら出てこれない世界"を演出したいのか、はたまた帰りやすさ重視なのか、駐車場・駐輪場に面した、入り口とは別のところから外に出されます。

 

あんなに内装に凝ってたのに、いきなり無機質なごくごく普通な駐車場に放り出されるのが何とも可笑しくて、、、

 

ここまで書いて思い出したけど、ちょいエロ要素ありましたわそういえば。まあ現地で探してみて。

 

電脳九龍城砦のホームページはこちら。

あなたのウェアハウス

 

(訪問日:2019年6月1日(土))