「む」の境地

旅と音楽とまぜそばと

【8月末で閉店】おぎのや長野店に行ってきました(2021.8.27)

このところは(自分にしては)お出かけが少なめになっていますが、今回は8月いっぱいでの閉店が決まっている「おぎのや 長野店」に行ってきました。

おぎのや(荻野屋)は、群馬県安中市のJR横川駅の有名な駅弁「峠の釜めし」を販売する会社で、そのおぎのやが長野市の上信越自動車道・長野IC付近で展開するドライブインが「おぎのや 長野店」になります。

 

高速の手前にあるドライブイン、という存在

そんな「おぎのや 長野店」ですが、2021年5月13日に同年8月いっぱいでの閉店が発表されました。

www.oginoya.co.jp

 

理由は公式リリースには言及がないものの、大方の予想として「観光バスの需要減少」が挙げられます。

「おぎのや 長野店」があるのは川中島古戦場と長野ICの間。善光寺や長野各地を観光バスで巡ったあと、高速に乗る前の最後の立ち寄り場所として、お土産などの購入に重宝したことでしょう。

観光客からすれば一か所でまとめてお土産を買える、店の側からすれば一度で数十人の確実な顧客が見込めるwin-winなモデルだったと思います。

f:id:musan_tr_gh:20210827214710j:image

しかしながら観光客の行動も変わり、大型バスでの団体旅行というものも減ってきましたし、旅行に行ったとしても勤め先にバラマキ用のお菓子を買うという文化もだいぶ廃れてきました。

 

そんな時の流れを踏まえて実際に館内を歩いてみると、その構造にはもはやノスタルジーさえ感じられます。

f:id:musan_tr_gh:20210827214732j:image

1階は「峠の釜めし」を中心に、七味唐辛子やそば、野沢菜といった”よくあるお土産”を買える物販スペース。2階には広大な(団体用?)レストランがあります。今となっては使われていない、持て余した広い広い2階には哀愁を感じてしまいます。

 

とりあえず、釜めし食おうや。

1階にはイートインコーナーもあって、ここで「峠の釜めし」を食べることができます。

f:id:musan_tr_gh:20210827214831j:image

そばやラーメン、かき氷も買えます。ちなみに暑い日中だったか、かき氷を食べる人が意外と多かったです。

 

とりあえず、釜めしを食べましょうかね。

f:id:musan_tr_gh:20210827214905j:image

包み紙を取って…

f:id:musan_tr_gh:20210827214918j:image

おぎのやはあくまでも横川駅のもの。横川駅は長野県じゃなくて群馬県だよ。

f:id:musan_tr_gh:20210827214931j:image

じゃん。

 

美味しくいただきました。

 

個人的にはめちゃくちゃ久しぶりの峠の釜めしなので、初めて峠の釜めしを食べた日を思い出したので、せっかくなので書きますね。

初めて峠の釜めしを食べたのは小学6年生の夏。長野駅から乗った新幹線あさま号の車内でした。なぜ覚えているかというと…

…父が、食べ終わった後の容器を新幹線のゴミ箱に捨てたんですよね。あの陶器をですよ?あれ、大丈夫だったかな。。

f:id:musan_tr_gh:20210827214949j:image

 

ユニクロで釜めしが買えるようになる

さて、話が逸れましたが、気になる今後はというと…

ユニクロの前で毎日販売するらしいです。

f:id:musan_tr_gh:20210827215006j:image

思わず二度見しましたね。

ユニクロ長野南店での販売が始まったら、また様子を見に行きたいですね。

UNIQLO Store Locator

 

というか、峠の釜めし自体は他の店舗がまだまだたくさんありますから、また食べに行きたいものです。もちろん一番は横川の本店で!

www.oginoya.co.jp