「む」の境地

旅と音楽とまぜそばと

【鉄道ファンにだけ有名】2駅先まで見通せる?あまりにも短い駅間を歩いてみた@大阪府守口市

世の中には、一般の方からすればなんでもない場所でも、鉄道好きの間でだけはやたら有名な場所というものがあります。

f:id:musan_tr_gh:20220801220755j:image

今回はそんな場所の一つ、大阪市と隣の守口市に跨がる、京阪本線の千林駅〜滝井駅〜土居駅間を徒歩移動してみたよ、という記事です。

「全国で2番目」に短い駅間

大阪環状線と京阪本線などが交わるターミナル駅・京橋からもそれほど遠くない場所にあるこの区間。3駅とも、複々線区間の緩行線側にのみホームが設置された、各駅停車のみが停車する駅となっています。

特に駅間の短い滝井〜土居間は営業キロ(駅の中心間の距離)が400mと、全国で2番目に駅間の短い区間となっています(路面電車等を除く)。

※最短は長崎県にある松浦鉄道の中佐世保~佐世保中央間で、その距離なんと200m。

trafficnews.jp

冒頭でお伝えした通り、この区間は鉄道ファンの間では有名で、紹介する動画なども多数あります。優等列車であれば通過に数十秒とかからない区間であり、一般の方からすれば何事もなく通過していると思いますが、訪問当日もカメラに収める方がいました。

先日、大阪で少し時間がに余裕があるタイミングがあったので、実際に歩いてみました。

千林駅〜滝井駅を歩く

まずは千林駅に降り立って、滝井駅・土居駅方面を眺めます。隣の滝井駅のホームは目の前に、2駅先の土居駅のホームもよーく見るとカーブのところに見えています。

f:id:musan_tr_gh:20220801220446j:image

f:id:musan_tr_gh:20220801220304j:image

歩くことばかり考えていて写真を撮り忘れていたのですが、千林駅間の商店街は、かつて小売業界に革命を起こしたダイエーの1号店があったのだそうです。今でもアーケード商店街が現役バリバリなのが、大阪でのまち歩きの面白いところです。

というわけで、滝井駅まで歩いてみます。今回は、各駅の改札間を徒歩での移動時間で計測してみました。ルートはこんな感じです。

迷いようのない1本道。線路に沿って道を歩くだけです。千林駅をスタートして数秒で滝井駅が見えるので、あとは歩くだけです。あー、なんと簡単。

f:id:musan_tr_gh:20220801220429j:image

というわけであっさりと滝井駅に到着。両駅の移動時間は…5分25秒でした。

f:id:musan_tr_gh:20220801220336j:image

途中に「踊るうどん」というお店があって気になったのですが、あれは何なんですか?

踊るうどん 滝井本店/守口市ホームページ

滝井駅〜土居駅を歩く

腰を抜かすほどあっという間に滝井駅に到着したので、そのまま土居駅へと向かいます。

滝井駅~土居駅も基本的にはあっさりと到着するルートなのですが、1点だけ注意。両駅間をタイムトライアルする(?)場合には、線路の東側を通行しましょう。というのも、両駅の中間にある国道479号線を、歩道橋で跨ぐ必要があるからです。

この歩道橋からの景色、なかなかの絶景です。線路と同じ目線の高さ、そして両駅間の短さをしっかりと感じることができます。(動画撮影中はストップウォッチを一旦停止しています)

まあ、歩道橋の存在さえ知っておけばこちらも1本道。あっさりと着くことに変わりはありません。

f:id:musan_tr_gh:20220801220522j:image
f:id:musan_tr_gh:20220801220541j:image
結果は5分7秒。2駅歩いても10分強という衝撃の結果となりました。

電車で戻ってみる

今度は、土居~滝井~千林と電車で移動してみます。各駅停車で、各駅を発車して次の駅に停車するまでの時間を計測してみます。

日中の各駅停車は15分間隔。時間に少し余裕があったので、土居駅のホームから滝井駅とは逆方向に目を向けてみると…もう一駅お隣の守口市駅のホームも普通に見えています。滝井駅ほどではないですが、これも普通に短いです。

f:id:musan_tr_gh:20220801220622j:image

同様に、千林駅から滝井駅とは反対側にある森小路駅のホームも、千林駅から普通に見ることができます。

気になる結果は…

f:id:musan_tr_gh:20220801220639j:image

土居~滝井は1分3秒。

f:id:musan_tr_gh:20220801220654j:image

滝井~千林は1分6秒。

ちなみに、千林~森小路もわずか1分12秒で着きました。

別にこのために駅に降りる必要は普通はないと思いますが、鉄道ファンでない方も、そんな場所があるんだな~と思いながら特急電車に乗って、通過駅で動体視力を鍛えたりしてみてはいかがでしょうか。

(訪問日:2022年7月21日(木))

以上、当ブログでは数少ない関西ネタでした。過去の関西での記事はこちら↓

www.sanmuofmusan.com

www.sanmuofmusan.com